アマチュア無線の探究心はいつの時代も同じです

アマチュア無線の始まり

アマチュア無線をいろいろ工夫してさらに性能をあげることに喜びを感じていますが、もともと無線通信はどのように開発されていったのでしょうか?!

電波の商業・軍事などへの利用開始前に、グリエルモ・マルコーニに代表される個人の研究者が自らの技術的興味を満たすために無線機器を作って無線通信を行っていたそうです。

技術的興味を満たすため・・これはエンジニアならではの楽しみでしょう!今の楽しみは昔も一緒なんですね!もともとの無線通信すべてがアマチュア無線だったという事は今でも趣味にしている人達にとっては、とても誇らしい気持ちになると思います。このようなスタートがあるからこそ、今でもさらなる改良を探究していくのも納得です。

それから、スコットランドのジェームズ・クラーク・マクスウェルによって、理論的に予想されていた電磁波(電波)の存在が確認されたのは1888年のハインリヒ・ヘルツの実験で確認されましたが、この時点ではまだ電波は通信用として利用されるまでにはなっていませんでした。具体的に使われるようになったのは、1895年ロシアのアレクサンドル・ポポフ 、1895年イタリアのグリエルモ・マルコーニの無線電信実験の成功以降からつかわれるよになりました。

トレンディ無線機でクールに決めろ!
おしゃれで素敵なお部屋なら、エステート白馬がたくさんご紹介します!川口 土地のお部屋探しは私たちにお任せ!

その後急速に電波の商業・軍事などへの利用が始まりました。残念な気持ちもしますが、戦争というのは勝つという絶対的な目標があるので戦争をきっかけに飛躍的に伸びることが他の例をみてもあるな。と思えます。

利用が広まったことによって、各国で電波利用に関する法が制定されることになりました。初期の商業・軍事無線通信では長・中波帯域が大電力で使われていたので、当たり前ですが混雑した状況となってしまったのでり、アマチュア無線家には当時あまり使用価値がないと思われていた短波長の電波利用しか認められなくなってしまいました。

しかしアマチュア無線家らは緻密な計画や訓練によって短波の有用性を見出すことにより、1923年11月27日に小電力による大西洋横断通信を成功させました。 この功績が無線界で認められたことをきっかけとして、その後の周波数分配会議などでアマチュア無線に周波数が割当されるようになりました。タイタニック号事件を契機として国際的な電波管理の枠組みが構築され、電波の国家管理が始まった後の時代においても、アマチュア無線の保護には格別の配慮が図られ、幅広い周波数の利用が認められ、今日でも中波からマイクロ波までの様々な周波数がアマチュア無線に割り当てられています。

電波情報
どんたく会計事務所があなたをサポート!わかりやすい法律をたくさんご用意!福岡 税理士 法律のことは当社で!